読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

Eclipse-Pleiades 3.5でランタイムファイルなど使用する場合のメモ

Tomcat eclipse

会社ではTomcatにデプロイするWebアプリがランタイムファイルを見て
ライセンスを取得しています。

ランタイムファイルの設定などでちょっと詰まったのでメモ残し。

やること

  1. ランタイムファイルを正常に読み込む
  2. JDBCドライバを使う場合の.jar配置

使ったもの

  • eclipse pleiades 3.5 for Java
  • webアプリ(ランタイムファイルでライセンスを監視)

手順

1. Tomcatの設定を確認する。
eclipseメニューから「ウインドウ」→「設定」→「Tomcat
# Tomcatのホームディレクトリを確認する
# server.xml と contextファイルのどちらから設定を読み込むか設定する。今回はcontextファイルにした


2. contextファイルを編集する。contextファイルは
%tomcat_home%\conf\Cataline\localhost\[コンテキスト名].xmlです。

ここにjdcbドライバの設定を記述する。


	


3. jdbcドライバを設置する。%Tomcat_home%\common\libに配置します。


4. ランタイムファイルを%Tomcat_home%\share\class に配置する
# ここに置くとtomcat起動時に読み込まれます。


こんだけ。jdbcドライバも%Tomcat_home%\share\libに置けば大丈夫かな?と思ったのですがだめでした。なんで?