読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

Knee and Ankle joint popping

元ネタ

足回りが不安定なの、どうにかならんかね

ボーントラッキングのサンプルなどを動かしているとよく分かるのですが、KINECTの骨格認識は人体の先端部分に行くほど不安定です。 特に足先はKINECTから見えにくくなりがちであることも相まって、断続的に足を曲げたり伸ばしたりしているように認識されることがあります。

これを回避する効率的な方法はない?というのが質問の趣旨ですが、フォーラムではJoint Smoothing codeを使いましょうや…という結論になっています。

センサーに測定の誤差や外れ値はつきものですので、KINECTに限らずスムージングコード(外れ値を無視して動線を滑らかにするようなフィルタコード)を用意することが必要かもしれませんね :)

広告を非表示にする