読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

twitterのつぶやきをEvernoteに自動的にpostする方法

最近 @kohzak がtwitterのフィードをEvernoteにpostして保存しているということなので便利な方法を探していたらのっていましたよ  できるポケット-Evernote-活用編-


ということでやってみました。

大まかな手順は以下。
1.保存用のノートブックを作る
2.Evernoteのメールアドレスを取得
3.twtr2srcにサインインして自動投稿の設定をする

では開始。

1.保存用のノートを作る


まずは自分のEvernoteにtweet保存用のノートブックを作成しましょう。
今回はTwitFeedという名前のノートをブック作成しました。これは後からいくらでも変更できるので適当でかまいません。

2.Evernoteのメールアドレスを取得


EverNoteの投稿用メールアドレスを確認します。
EverNoteのWebにログインして、Settings → Emailing to EverNote の欄を見ると投稿用のメールアドレスが確認できます。

3.twtr2srcにサインインして自動投稿の設定をする


あらかじめTwitterにログインしておきます。twtr2srcにアクセスして右上の"Sign in with Twitter"をクリックします。
アクセス認証を聞かれるので注意事項をよく読んで、問題が無ければ許可するをクリックしてください。twtr2srcの画面にリダイレクトされるので右上の「設定」ボタンを押します。

まずはEverNoteにポストする際のタイトルフォーマットを決定します。「タイトルフォーマット」の欄に適当にポストしたいタイトルの形式を入力します。
フォーマットについては入力欄の横にあるリンクを参照してください。最後に" @[保存用ノート名] "とすると、先ほど作成したノートブックに自動的に投稿されます。

次に自動投稿の設定をします。"Auto Posting"タブをクリックして2.で確認した投稿用のメールアドレスを入力し、画面下部の「メールを送信」ボタンを押します。

EverNoteに作成したノートブックに"Confirmation Number"というノートがポストされているので中に書いてある番号を確認し、twtr2srcの「確認番号」欄に入力して"OK"を押せば完了です。
自動投稿の可否や時間帯の設定については画面下部の設定項目から入力しましょう。


日によってバラツキがありますが、大体午前中には前日のTweetが自分のノートブックに投稿されます。